読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28才独身。趣味を探す

生涯の趣味を探します!

⑧ 七時間半。 葉桜の季節に君を想うをいうこと。 このミステリーがすごい!。 を読んでみて。 

こんにちわー

今西わたるです。

 

今日は「読書」です。

最近結構出張が多くて、結構読みました。

感想等についてつらつら書きます。

 

①七時間半

②葉桜の季節に君を想うをいうこと

このミステリーがすごい! 2017版

 

の3つです。

もっと読みましたが、内容を忘れました(笑

 

①七時間半 について

これ結構前に買ったんですけど、なかなか読み進めないままつまっていました。

帯に「隠れた名作ここにアリ!」みたいな感じで、表紙もよさげだったので

即買いました。

 

内容的には、東京から新大阪の間の東海道線を走る「特急列車 ちどり」内で

いろいろ起こる事件を描写していく。

っていう感じで、この沿線に住んでいる人は駅名が出てくるので 

おっ!ってなります。

 

ジャンル的には、喜劇って感じですか?ミステリーではないです。

・社内のコック

・食堂の娘

・ちどりガール(客室乗務員的な人)

の3人の話っていう感じで、昔の表現が多いんですけど

結構わかるっていうか、今の表現と全然かわらなくてびっくりしました。

 

ネタばれもなにもないんですけど、もう大阪かいっ!みたいな感じで終わります(笑

 

②葉桜の季節に君を想うをいうこと

これすごい有名ですよね。

やっと読みました。けっこう厚いんですよ。

おおオチがすごい。っていう系で有名です。

 

たしかに、文字の力。っていうかこういう「叙述トリック」すごいなー

って書いたらネタバレになるんで辞めます。

が、最近ある、モロ「叙述トリック」なやつではないです。

強引な感じがないので、僕も全然わからなかったです。

 

イニシエーション・ラブとかモロ系だと僕は思うんですよ。

びっくりしたけど、なんか違和感でわかるというか。

 

「犯人はアナタ!」っていう帯の本あるじゃないですか?

「最後のトリック」っていうやつ。

あれもすごいみたいんですよね。でもたぶんモロ系ですよね。

 

まあ、この②については、中身はけっこう普通でした。

でもこういうのに慣れていない人は、まぢでわからないと思います。

 

このミステリーがすごい! 2017版

2015年くらいから見つけたら買ってるんですけど、

 

この大賞になってるやつとか、2位とか3位とかのやつとか

けっこうすごいオチで、かなりおもしろいんですよ。

②の葉桜の季節に君を想うをいうこと もこのミスですよ。確か。

 

あらすじを読んでるだけでもすごいわくわくしますよ。

ただ、文庫化していないんで文庫待ちになりますけど

 

この2017の特集に「オールタイム・ベスト 海外短編ミステリーベスト20」

っていうのはあるんですけど

僕「赤毛組合」くらいしか知らないです。

昔のやつも読みたいんですけど、まだあんまり読めてないいです。

「モルグ街の殺人」くらいですね。(ランク外ですが)

たしか犯人がwikiにのってるっていう。

 

個人的には、直木賞よりも「このミス」の方がわくわくします!

でわでわ。